Event is FINISHED

美術手帖 ✕ VOLVO ART PROJECT 第11弾 岩間 朝子『ハマナスのニッポンソッパ 』

Description
美術手帖×VOLVO ART PROJECT第11弾として、アーティスト・岩間朝子による展示企画「ハマナスのニッポンソッパ[Nyponsoppa]」を1月17日~31日にボルボ スタジオ 青山で開催します。

岩間は、食物や味覚のイメージ、食事と滋養との関係について問い、「取り込むこと/取り込まれること」という抽象的な側面から「食べること」を考察してきました。近年、「植物の移動」に興味を持ちリサーチしてきた作家は、18世紀頃、食用・薬用・観賞用のために、アジアからヨーロッパに運ばれた動植物や鉱物のうちのひとつが、現在もヨーロッパで自生する日本のハマナスの実(ローズヒップ)であることに着目しました。本展では、岩間が自己採集[forage]したハマナスにまつわる物語のポスターを、ボルボ スタジオ 青山の店内に展示します。また、そのポスターを自由に持ち帰りできるようにすることを植物の「採集」になぞらえ、リサーチの主題でもあった「植物の移動」の再構築を試みます。


●展示期間
2020年1月17日(金)〜31日(金)10:00〜21:30
※ただし1月31日(最終日)は18:00までの展示となります。

●レセプション
2020年1月17日(金) 19:00〜20:00
作家による作品解説のほか、ボルボの本社があるスウェーデンの家庭料理「ニッポンソッパ[Nyponsoppa]」(ハマナスのローズヒップスープ)を、作家の自作による数量限定で振る舞います。


●アーティストプロフィール
岩間 朝子 いわま・あさこ
東京生まれ。ベルリンを拠点に自然と人間のつながりや在り方、「食べること」、「滋養」とは何かを問いながら制作を続ける。2005年より約10年間スタジオ オラファー・エリアソンに併設された食堂「The Kitchen」の立ち上げ・運営に料理人として携わり、書籍『The Kitchen』(2013年)を共同制作。「フードスケープ 私たちは食べものでできている」(アーツ前橋、2016-2017年)に参加。現在、オランダ・マーストリヒトのアーティストインレジデンス、Jan van Eyck Academieにて滞在制作中。
ウェブサイト:http://www.asakoiwama.net/



《non-visible》(2013)photo by Derrick Wang



問合せ先:adv@bijutsu1905.co.jp
Jan 17 - Jan 31, 2020
[ Fri ] - [ Fri ]
10:00 AM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
【1/17(金)19:00〜20:00】レセプション&アーティストトーク(1drink付き)開場:18:30〜 SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
港区北青山3丁目3−11 Japan
Organizer
美術手帖 ✕ VOLVO ART PROJECT
317 Followers

[PR] Recommended information